コンテンツ

サスペンションについて

サスペンションオーバーホールの必要性と時期の目安

皆さんは、サスペンションのオーバーホールをどのくらいのサイクルで行っていますか?
サスペンションの性能を維持することは、実は大変なことなのですが、普段はワークスマシンのようにメンテナンスすることは難しいですよね。
※モトクロスのトップライダーはヒート1とヒート2の間(各ヒート30分の走行です)にもオーバーホールすることがあります。
しかし、そのまま乗っていると…オイルが汚れたり、中のピストンに不具合が出たり…様々なことが起こり、せっかくの性能が出ない状況になります。

サスペンションオイルの汚れ方は、乗り方(サスペンションの使い方)によっても違いがありますが、毎週末乗る方は3か月に一度はチェック(交換)したいものです。
毎週乗っていると、性能が落ちていることに気付かずにいることがよくあります。また、乗れるときに乗る、というスタイルの方でも、オイルは劣化していきますので、半年~少なくとも1年経過していたらオーバーホールをお勧めしております。
当店ではサスペンションオーバーホールの際に、汚れ具合や消耗具合を見て必要な部品を交換しますので、安心して走行することができます。

サスペンションチューニングの必要性と作業内容

サスペンションチューニングは貴方の身を守る保険だとお考えください。
貴方の体重や乗り方に合ったサスペンションにすることで、乗り易く、怪我のリスクも軽減することができます。
例えば、以下のようなことが多く聞かれます。

「ジャンプ飛び出しでミスがあり、着地が合わせられない!という場面でも、しっかりサスペンションがカバーしてくれて助かった!」

「ジャンプで底付きするのでスプリングを固くしたら、ギャップに対応できなくなったけど、チューニングしたら両方よくなり、走り易くなった。」

サスペンションの調整方法として【オイルの変更】や【スプリングの変更】をご希望されるお客様も多いのですが、当店ではあまりお勧めしておりません。主にバルブの変更で行います。(構造上できないサスペンションもありますが、その場合は別の方法を用いています)

お客様のご要望(どのような症状に困っているかなど)をお聞きして、それに合わせてバルブの変更を行います。
お手元に届きましたら、試乗して頂き、もう少し変更したいところがございましたら、再調整(無料)させて頂きますので、安心してご相談下さい。
 

当店では、皆様が安心してモトクロス(オフロード)走行を楽しめるようにサポートして参ります。
 

注文~納品までの流れ

■店頭へお持込みの場合

①注文用紙をご記入頂き、マシンまたはサスペンション単体とご一緒にお持ちください。

②担当メカニックと打合せし、お預り致します。

③作業開始→重要部品の破損等がある場合はご連絡致します。

④作業終了後、お客様へご連絡致します。

⑤作業代金をお支払い(現金 or カード)頂き、お客様へお引き渡しとなります。

■宅配ご利用の場合

①注文用紙にご記入頂き、サスペンションをとご一緒に発送してください。

②到着後、作業開始(ご相談内容によってはご連絡致します)

③作業開始→重要部品の破損等がある場合はご連絡致します。

④作業終了後、代引発送またはお客様へ銀行振込のご案内を致します。

⑤代引発送の場合→お届けの際のお支払位です。銀行振込の場合→ご入金確認後の発送です。

注文票(印刷用)

印刷はこちら(コンペティションモデル)

印刷はこちら(一般公道用)